Home » Facebook広告運用代行サービス

Facebook広告運用代行サービス 

Facebook広告運用代行サービス
Facebookは、友達や同僚、同級生、近所の人たちと交流を深めることのできる ソーシャルユーティリティサイト。企業もFacebookページを開設し、新規・既存ユーザーとのコミュニケーションツールとしてビジネスシーンでも活用されています。
インターネットの普及から、口コミ投稿、SNSが一般化し、一昔前とは違って商品を買ったり、サービスを利用したら終わりではなく、その情報を共有することが日常化しております。
そこで活用されているのが、30~50代の男性利用者の割合が高い「FACEBOOK」、そして20~30代の男女(若年層)の利用者割合の高い「インスタグラム」です。

4つの特徴

4つの特徴

目的に合わせて選べる4 つのプラットフォーム

4 つのプラットフォーム

広告課金方式について

Facebook広告の課金システムは、目的に合わせて下記の4つからお選びいただけます。

■インプレッション単価(CPM)
広告の表示に対して入札するタイプです。ユーザーに広告を閲覧してほしい場合に有効です。

■クリック単価(CPC)
広告のクリックに対して入札するタイプです。Webページへの誘導など、ユーザーに広告をクリックしてほしい場合に有効です。

■最適化インプレッション単価(oCPM)
広告に対してアクションを取ってくれそうなユーザーへの表示に対して入札するタイプです。ユーザーにfacebookページの「いいね!」をしてもらう場合や、広告リンクをクリックしてほしい場合に有効です。

■アクション当たりのコスト(CPA)
facebookページへの「いいね!」やリンク先のクリックなど、アクションに対して入札をするタイプです。この入札タイプを使用できる場合は、ユーザーの広告を経由したアクションを最大化させるのに有効です。

Facebook広告運用代行サービス問い合わせ

広告配信に必要な物

広告配信に必要な物

Facebook広告運用代行サービス問い合わせ
ページトップへ戻る
 Copyright (C) TOYO Inc. All Rights Reserved.