Home » SNS広告/運用, 新着情報 » SNS広告とは?公式アカウント運用との違い

SNS広告とは?公式アカウント運用との違い

category : SNS広告/運用, 新着情報 2022.9.13 

そもそもSNSとは?

SNSとは「Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)」の略。インターネットを通じて人と人をつなげるサービスです。

自分の近況や意見をネットに公開することで世界中の人と共通の話題でつながり、意見の交換ができます。
 

SNSのプラットフォームには、代表的なものでFacebook、Instagram、LINE、Twitter、Youtube、TikTokなどがあります。

各SNSの特徴や公式アカウントとの違い等についてまとめました。

 

目次

 

SNS広告とは?公式アカウント運用との違い

SNSでは、通常の「アカウント投稿運用」と「広告運用」の2種類があります。

どちらも投稿をタイムライン等に表示させるという点では同じですが、SNS広告と通常の投稿とでは明確な違いがあります。

 

【通常投稿の場合】

例えば、Facebookであれば自社のFacebookページを「フォロー」しているユーザーや「いいね」をしたユーザーに投稿が表示され、投稿をみたユーザーによって情報が拡散されます。

但し、フォローしているユーザーの数が少ない場合の拡散力は限定的なものとなります。

 

【広告の場合】

SNS広告の場合、ユーザー属性や居住地、趣味嗜好などに合わせてターゲティングでき、自社の広告とマッチする不特定多数のユーザーのタイムラインに広告を表示させることができます。「いいね」や「フォロー」をしてもらう必要はありません。

フォロワーの獲得や拡散を狙わなくともターゲットしたユーザーに自社の投稿を表示させられるため、情報の拡散力は非常に高くなります。

 

投稿と広告の違い

SNS広告は、このように細かなターゲティングをしたユーザーのSNS上に自社の広告を露出させ、ユーザーに何らかの反応してもらうことにより、集客へとつなげる仕組みとなっています。

 

SNS広告のメリット

SNS広告の特徴をおさえておくことで、他のインターネット広告との違いを把握でき、自社の広告出稿に活かせます。

ここからSNS広告のメリットをご紹介します。

 

1.正確なターゲティングができる

各SNSは登録時、年齢や性別、居住地などの入力が必要となります。

SNS広告では、これらの個人データを活かしたターゲティングが可能なため、他広告よりもターゲティング精度が非常に高いのが特徴です。

また、「いいね」「フォロワー」「シェア」といったユーザーのSNS内での行動にもとづいたターゲティングをすることも可能です。

 

2.タイムライン上に自然な形で表示

SNS広告はタイムライン上に自然な形で表示されることにより、広告特有の押しつけがましさを感じさせません。

ユーザーにもすんなりと受け入れられやすい形で情報を届けることができます。

 

3.ファン獲得・ブランドの認知拡大ができる

ユーザーが広告の内容に「共感」した場合、企業アカウントをフォローしてくれるなどのファン化が見込めます。

また、SNS広告は、あなたの企業の商品やサービスをまだ知らない「非認知層」にも情報を届けられる性質があるため、ブランドの認知を拡大できるというメリットもあります。

 

SNS広告の種類

SNS広告には、プラットフォーム毎に利用ユーザーや広告配信の仕組みに違いがあります。

それぞれの特徴を押さえることで、適切な広告運用を目指しましょう。
 

1.Facebook広告


実名登録をしている人が多く、性別や年齢、趣味・関心をもとに他プラットフォーム以上に詳細なターゲティングを指定することが可能です。

また、アクティブユーザーの年齢層が他プラットフォームと比べて高いのも特徴で、特に40代以上の男性へ向けて効果的にリーチを取りたい場合は有力な選択肢となります。

 

2.Instagram広告


InstagramはFacebook傘下のサービスのため、同じ管理画面から広告の出稿が可能です。そのためFacebook広告と同様に高いターゲティング精度を誇ります。

特に若い女性(10~20代)のユーザー数が多くなっており、主に画像を投稿するSNSであるということから、視覚的な訴求力が他プラットフォーム以上に高いことも特徴の一つです。

 

3.LINE広告


LINEは月間アクティブユーザー数が8300万人以上、日本の人口の実に65%以上をカバーしている日本最大級のSNSです。

この圧倒的なリーチ数を活かせることがLINE広告の最大の強みです。

多くの人が閲覧するLINEのトーク画面やニュース、タイムラインなどに広告を出稿することが出来ます。

また、LINE公式アカウントと連携して「友だち追加」を目的とした広告配信も行うことも可能です。
この広告は「友だち追加」された場合にのみ費用が発生する仕組みです。

 

4.Twitter広告


Twitterの特徴は「いいね!」や「リツイート」といった機能による情報拡散力の高さです。

これらには二次的な費用なども一切発生しないため、即効性の高い広告を配信したい際に非常に適しています。

10~20代の4割以上が毎日利用していることから、若年層をターゲットにした広告にも向いています。

 

さいごに

SNS広告は、出稿そのものをご自身で登録することが可能です。

しかし、効果的な運用を行うためにはユーザーの反応を確認し、状況に応じてクリエイティブやターゲティング設定を変更するといった対応をとっていく必要があり、時間と手間がかかります。

東洋株式会社では、SNS広告の運用代行サービスを承っております。

SNS広告の運用をご検討中の方は、ぜひ当社にお任せください!
専門知識と豊富な運用実績で集客をサポート致します。

 

SNS広告に関するご相談はこちら

comment closed

 Copyright (C) TOYO Inc. All Rights Reserved.