Home » TrueView広告運用代行サービス

TrueView広告運用代行サービス 

TrueView広告運用代行サービス

TrueView広告運用代行サービス問い合わせ
YouTubeとはインターネット人口の約半数が利用している動画サイトです。日本国内では約5,078万人/月に利用されています。このサービスはユーザーがYouTubeで動画を探す・閲覧する際に、動画広告を表示させることができるサービスです。
TrueView インストリーム広告
・YouTube 動画のプレロール(再生前)、ミッドロール(再生中)、ポストロール(再生後)に動画広告が再生されます。
・広告が 5 秒間表示された後、動画コンテンツに進むか広告の続きを見るかを選択できます。
・広告料金は広告が 30 秒間再生された場合のみ。30 秒未満の広告は最後まで再生された場合に発生します。
TrueView インディスプレイ広告
・ YouTube 動画の横か、ターゲットユーザーと一致するGoogle ディスプレイ ネットワーク上の関連するコンテンツに表示されます。
・広告料金はユーザーがお客様の動画広告を視聴するよう選択した場合にのみ発生します。
・YouTube では「この広告はおすすめ動画」として表示されます。
TrueView インサーチ広告
・YouTube の検索結果ページと Google の動画検索結果の広告枠に表示されます。
・広告料金はユーザーがお客様の動画広告を視聴するよう選択した場合にのみ発生します。
TrueView広告運用代行サービス問い合わせ
YouTubeの利用者は月間約5,078万人と言われています。(コムスコア・ジャパン:平成24年12月調べ)つまり、YouTubeで広告を流すだけでも5,000万人以上のユーザーにアプローチが可能となります。テレビCMに引けをとらない広告媒体と言えるでしょう。
ユーザーが誰であるか、どこに住んでいるか、何に興味があるか、などに基づきターゲットを絞り込むことができます。地域、性別、年齢、子供の有無を指定することができ、まさにインターネットの世界だからこそできる広告配信手法です。これにより、理想的なユーザーにアプローチできます。
動画広告を30秒以上閲覧された時にだけ課金されます。(30秒未満の広告の場合は最後まで再生された場合のみ)興味のないユーザーは「広告スキップ」のボタンがあるため、30秒以内に動画広告を閉じます。30秒以上閲覧したユーザーは、少なくとも興味を持っている意識の高
いユーザーであると言えます。
Trueview広告が始まってから歴史は浅く、導入する企業が少ない為、リスティング広告に比べると広告単価が非常に安く、1視聴あたりの相場が5円前後という現状です。ターゲティング機能も充実している上にこの低単価で広告を出稿できるので、今後TrueViewがさらに浸透していくと、広告単価は徐々に高騰していくことが予想されます。
YouTube が無料で提供しているアナリティクス ツールによって、どのようなユーザーが広告を視聴しているか、広告に対してどのような操作を行っているかを把握できます。
2時間以内の撮影・3時間内の編集・画コンテ、CG無しのシンプル動画パッケージプランです。
※上記の制作内容以外の場合も対応可能です。
※費用は全て税別価格となります。
TrueView広告運用代行サービス問い合わせ
ページトップへ戻る
 Copyright (C) Toyo Printing Co.,Ltd. All Rights Reserved.